ピコ太郎大変!「PPAP」の商標を別の男性が登録!そんな時はどうする!

自称千葉県出身のシンガーソングライター「ピコ太郎」の大のヒット曲「PPAP」の曲名や、決めの台詞「ペンパイナッポーアッポーペン」がこともあろうに作曲者であるピコ太郎とはまったく関係のない大阪の会社によって商標出願されていた。その男性経営者が取材に応じました。男性は、なんと驚く事に「レコード会社に警告書を送った」と明言しました。
 2016年末にピコ太郎の「PPAP」のユーチューブ動画を見た、ジャスティンビーバーがツィターでツィートした事から世界中で「PPAP」が世界中に拡散されて爆発的な人気曲となった。ところが、あの決めの台詞「ペンパイナッポーアッポーペン」が、ピコ太郎さんとはまったく無関係だというこの男性によって、商標出願されてていた! 「ピコ太郎大変!「PPAP」の商標を別の男性が登録!そんな時はどうする!」の続きを読む…