色々なバイトの思い出 楽なバイト きついバイト

今まで色々な仕事をしてきた。アルバイトを含めるとたくさんの仕事をしてきた。そんな私の仕事の体験と経験を順番に説明していきたいと思う。これからバイトを始めようとか仕事探しの際には役に立つと思う。はじめてアルバイトを始めたのが高校3年生の頃だった。最初のバイトはラーメン屋のバイトだった。どこの町にでもあるような個人経営のラーメン屋だった。やる事といえばラーメン屋なので当然、接客と皿洗いが中心だった。時給より何よりも魅力的だったのが賄いだった。飲食店のバイト代は安いかもしれないが賄い付きと考えると魅力的かも知れない。もし、東京にでて、役者になりたい、芸人になりたい、ミュージシャンになりたいという夢を持っている若者なら迷わず賄いつきの飲食店でバイトする事をすすめる。ご飯のお代わりくらいはさせてくれると思う。これだけで食事の心配が不要なり食費が浮く! 「色々なバイトの思い出 楽なバイト きついバイト」の続きを読む…

会社生活は「懲役40年」に例えられる!おさえておこう労働基準法の基礎知識

4月となり入社式を終えた新社会人がそれぞれの部署に配属されやってきたという人もいると思います。ある人は後輩や部下が出来たと喜び、またある人は面倒が一つ増えたという人、その心中は人それぞれだと思います。さて、インターネット巨大掲示板2チャンネルから「懲役40年」というキーワードが今チョッとした話題となっています。「懲役40年」とは、新卒の社会人がこれから定年退職するまでの期間を刑事罰の「懲役」に例えたものですが、この比喩を聞いたとき私も「成るほど上手い事を言う」と素直に思い納得してしまいました。しかし、幾ら社畜といえど、刑務所よりはましだと思いますが、下に記した比較を見ただけだと、なんだか社畜よりも受刑者の方がいい生活しているなという風に思ってしまいます。 「会社生活は「懲役40年」に例えられる!おさえておこう労働基準法の基礎知識」の続きを読む…

正社員の不足とクロネコヤマト

日本の企業では正社員が不足しているという会社が約6割あるという。色々な原因があるとおもうが、その原因の一つに労働人口の激減があるといわれている。団塊の世代と言われた人達がいっせいに定年退職していく一方で、新たな働き手となる若い世代が少なくなっている。ただ、コレは単純に統計的な話であり結果を単純にするならコレで話は終わりでかまわない。しかし、実際にはその他にも色々な事が背景にあると思う。 「正社員の不足とクロネコヤマト」の続きを読む…