マツコ・デラックス「もうみんな限界」と社会の閉塞感を憂慮する

近頃TVで見ない日はないというくらいに活躍しているタレント、エッセイスト、コラムニスト女装家とマルチに活躍するマツコ・デラックスが、自身がレギュラー出演する6日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」で「もうみんな限界」と日本社会に蔓延する閉塞感を指摘した。同番組内において、近頃話題となっている男性保育士による女児の着替え問題やセブンイレブンのアルバイトの病欠罰金問題、音楽教室からの著作権料徴収問題などの問題に「もうみんな限界に来てるんだろうね、いろんなものが」と閉塞(へいそく)感を指摘し、問題解決にはもっと議論が必要ではないかと訴えた。 「マツコ・デラックス「もうみんな限界」と社会の閉塞感を憂慮する」の続きを読む…