パレスチナの悲劇を生んだイギリスの三枚舌外交とは

現在の中東情勢を語るにはまずは、第一次大戦と当時の世界地図を知らなければなりません。鍵となるのは第1次世界大戦終戦まで存在していたオスマントルコです。第一次世界大戦で敗戦国となったオスマントルコは連合国側のイギリスによって分断される事になります。このオスマントルコの分断がいわば現在の中東情勢の悲劇の根幹となっています。そして、そのオスマントルコの領地の分断の時にイギリスが行ったのが「三枚舌外交」と言われる矛盾を抱えた密約です。 「パレスチナの悲劇を生んだイギリスの三枚舌外交とは」の続きを読む…